スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『NIT・RPGコンベンション』に参加しました~♪ 

日本工業大学のRPGサークル主催のコンベンション『NIT・RPGコンベンション』に参加してきました~♪ここは個人的に好きなコンベで毎年参加しているところです。大学祭の中で開催されているコンベで、雰囲気も学祭気分。

お昼なんかも出店であれこれ買えるし、工業大学だからなのか?学園内でSLが走ってました(;^_^A
校舎の廊下からSLが見えたのはびっくりしました。たまたま携帯を持っていなかったので、写真でお見せできないのが残念。

それはさておき、今回は『ナイトウィザード2nd』の卓に参加させていただきました。2ndは初プレイです。

そこで『落とし子』という新しいクラスを選択。落とし子は『毒をもって毒を制する』という言葉の意味合いが似合うクラス。敵であるエミュレイターの力を利用してエミュレイターを倒すという………デビルマンのようなダークヒーロー的な存在。2ndの新クラスだそうです。

私はもともと(ピンゾロとか6ゾロ)のファンブルとクリティカルの比率が多い方とは思っていたのですが、ナイトウィザードは「クリティカル値」と「ファンブル値」を最初に2D6を振って決定………するにもかかわらず、多かった気がします。今回はピンゾロがたった2回しか出てないし、6ゾロは一回も無し。それなのにクリティカルとファンブル率が変わらないから不思議不思議。

そして話は戻して、データ的に『落とし子』は他のキャラよりも強そうなのに、今回は何故か勝てる気がしなかったのはそんな私の出目の所為かもしれません(;^_^A

他のプレイヤーさん達もさぞかしヒヤヒヤだったかと思われます。前衛のアタッカータイプなのに、パーティ内で一番の出目の落とし子(T.T) 他のプレイヤーさん達の決死のカバーリングと戦略的アドバイスのお陰で何とか生存。本当にありがとうございました。

そして私に負けず劣らずのGMさんの見事な出目の落としっぷりに救われ、私のキャラは向こう側にあるというお花畑を一度も見ることなく無事に終了。

きっとGMさんはプレイヤーよりもダイスを振る回数が違うから、ファンブルの出る確率も多いに違いない!!

……とか思ってみます。

いろんな意味でハラハラドキドキのプレイでした。


私は旧作をやり込んでいないので旧作との違いはたいして分かりませんでしたが、やり込んでいる方達にはいろいろ改良されたと思われる部分があったようです。

私に分かったのは、「ウィザードクラス」と「スタイルクラス」が別々になってた事ぐらい。1stはクラスの掛け合わせの面白さもあったけれど、これはこれでクラスの方向性が出て良いのではと思います。

気になる方はぜひプレイしてみてください。

シナリオの方は余所で使うかもしれないので割愛。


ナイトウィザード2ndをプレイしてみて、あるといいなぁ~と思った事。

昔の「女神転生 覚醒篇」にバットステータスチャート(バッドステータスとその対応の一覧表)があったりしました。そういう表があったりすると、コンベとかではかなり有り難いかもしれないと思いました。システム初心者受入卓だと特に欲しいと思う。私がGMだったら作りたいと思うけど、シナリオ作成の余力でしか作らないだろうから作らずに終わる気がします。でも、あると便利。素敵ジレンマその1かな?

そんな話はさておき、とても楽しい1日を過ごす事ができました。

スタッフの皆さんお疲れ様でした。また来年も楽しみにしていますね。

[あずの]

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tabletalker.blog32.fc2.com/tb.php/104-9fdfbfc9

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。